北上市の話題

北上市の話題 · 2018/03/19
 東芝メモリ㈱の新工場の建設現場における食堂事業者を対象とした説明会があったので参加してきました。それによると、建設工事の元請けは清水建設で、その下に数十社が入り、2018年8月から本格的な工事となり17ケ月の工期だとの事です。そして、1日当たりの作業員は、当初800人で、ピークが2019年5月頃で2,700人以上となり、その内の6割程度が食堂を利用するだろう、という説明でした。これに対応できる事業者は複数社で対応するにしても、市内では無理だと思われます。しかも、提案書を今月末までに出して欲しいとの事でしたが、出せるのは弁当屋さんくらいしか無いのでは。  それより、すべての作業員がタクシーを使うとは限りませんが、恐らく市内のタクシーは毎日の朝夕は足りなくなると思われます。北上市が中心となって、専用バスの運行などの対応策が求められると思いますが、市では全く動くつもりが無いようですね。大丈夫かいな。