2019年3月の活動報告


2019.3.20 会派例会

 最終日に議員定数削減についての発議があり、それに対する質疑の通告もあることから、その質疑への答弁や、提案理由の説明、賛成討論についての論点について協議しました。

  この定数削減の発議については、純粋に議論した結果を残したい為、他の議員への根回し的な事は一切行わない事としていましたので、恐らく否決されると思いますが、賛否の結果や討論の概要は議会だよりにも掲載される為、市民に分かり易くなるものと思います。


2019.3.19 議会運営委員会

 本会議最終日の議案の取り扱いについて協議しました。今回は、請願について不採択となったり一部採択があったり、請願審査についての採決の取り方が少し複雑になりそうです。間違えないようせねば。(笑)


2019.3.15 予算特別委員会全体会

 予算審議の最終日。分科会委員長の報告に対する質疑と、討論、採決を行いました。消費税に係る予算への反対や、木造住宅ーの固定資産税の在り方などの問題が解決されていない等の反対討論もありましたが、全ての予算が賛成多数で可決されました。

 本会議最終日に特別委員長の報告があり、それに対する討論を経て採決となります。


2019.3.12 予算特別委員会第2分科会[3日目]・他

 予算審議の前に、教育民生常任委員会を開会し、国保税の子どもに対する均等割りを国の負担で免除を求める意見書について、当局も交えて協議しました。その結果、急いで意見書を出す必要はないので、来年度に持ち越してじっくり内容を精査していこうという事になりました。

 予算審議は、保健福祉部の所管事項で、予定より時間が掛かりましたが、分科会審議は3日間で終了しました。


2019.3.11 予算特別委員会第2分科会[2日目]

 分科会での予算審議2日目は、生活環境部の教育部子育て支援課と中央図書館の所管事項の審議を行いました。今日は東日本大震災から8年目という事で、2時46分にちょうど審議が中断できるかどうか分からないので、午後一番の審議開始前に、東に向かって黙とうを捧げました。


2019.3.8 予算特別委員会第2分科会[1日目]

 今日からは、各常任委員会を単位とする分科会で予算審議です。第2分科会は教育委員会の所管よさんから始まりました。教育委員会の子育て支援課と図書館以外の部分については、無事終了しました。


2019.3.7 第240回2月通常会議[一般質問:2日目]・教育民生常任委員会

 一般質問の2日目は、3人が登壇しました。

  終了後は各常任委員会に託された案件の審議を行いました。教育民生常任委員会では、条例改正2件と、請願3件の審議を行いました。請願については、1件が賛成少数で不採択となりました。


2019.3.6 第240回2月通常会議[一般質問:初日]・他

 今日からは一般質問です。今日の質問者は5名ですが、中々鋭い質問が多かったように思います。特に、財源まで提言した質問は中々ないので、当局側の答弁も前向きでした。こういう質問がいつも出てくると、議会も活性化すると思います。

 また、固定資産税の課税方法の誤りを指摘した質問もありましたが、最後まで平行線でした。今後、この問題は他の場面で取り上げられることになるかもしれません。

 一般質問終了後は、会派例会を行い、議員定数削減の発議案について協議しました。これは、一旦、議会としては議員定数を現状維持という結論を出したものの、穂特別職の報酬等審議会の中の付帯意見として「議会経費の削減に努める事」とされ、議事録を読むと、定数削減の事であるようなので、これを受けて再度、議論するべきだという意味での、議員発議です。代表者会議では、発議して議論すること自体に反対意見が多かったようですが、議論をしない議会なら不要な訳で、審議会の意見に対して真摯に向き合っていくべきだと思います。


2019.3.5 第240回2月通常会議[代表質問]

 各会派の代表質問です。代表質問は、市長と教育長の市政や教育行政の方針演述に対する質問になりますが、いつもの様に代表質問にそぐわないのではないかと思う質問もありました。

 私も所属する「北上まほろばクラブ」の代表質問は、初めて私が行いました。関連質問で他の2人の議員も質問しました。ただ、順番として最後だったので、他の会派の質問と答弁と重複する項目については通告していても割愛したり、質問を絞って行いました。