2019年7月の活動報告


2019.7.16 議会全員協議会・議会改革推進会議

 25日に行われる臨時会議に上程される予定の補正予算についての説明があった。

 1つは、工業団地拡張予定地が、実施設計に入ってみたら、がけ崩れがあったり、黒土が多すぎたりと想定以上の事があり、工事費増額補正する内容。もう一つは、幼児教育無償化に向けた準備の為の補正予算。とりあえず、全額国の負担との事。工事費の増額は最近多いが、精査が足りないのではという指摘もあったが、割と一般的な事らしい。

 改革推進会議は、基本計画にかんして千代宇佐研究する特別委員会を立ち上げる事についての具体的な時期や名称、背て吹く委員長候補、進め方などについて協議した。

 また、長期欠席議員の議員報酬減額案については、他市の事例をもう少し調べて行こうという事になったが、どういう内容になるにしろ、理由なり根拠を説明しろ、と言われても難しそうだ。


2019.7.11 教育民生常任委員会・議会全員協議会

 教育民生常任委員会では、「子どもの権利条例」制定に向けての方向性や手法などについて、他市の事例を基に協議しました。他市の事例では、子どもへのアンケートや意見交換会なども実施して2年以上掛けており、制定までは我々の任期中には無理だとの結論に至りました。では、改選後の委員会に引き継ぐにしても、どの程度まで進めるべきかなど、もう少し他市の事例を調査する事とし、遠野市と奥州市に視察を行う事としました。

 議長招集の議会全員協議会では、今月後半から来月にかけて実施予定の「市民と議会をつなぐ会」について、その説明資料の確認や、各班に分かれて、役割分担や進め方などについて協議しました。