2024年5月の活動報告


2024.5.15 総務常任委員会

 総務常任委員会が所管する部課の所掌事務と重点施策についての勉強会で、他の委員として傍聴しましたが、午後からは別の予定があり、午前中のまちづくり部のみの傍聴でした。

 地域づくり課の重点施策で、和賀3地区と北上川の東部5地区を対処とした振興支援策に取り組むとの事で、今までの施策の検証と課題を整理とーし、複数地区で合同で取り組み事が可能な施策も探っていくとの説明がありました。しかし、地域の自治会などの役員などのなり手不足など、対処地域ではない地区でも様々な問題を抱えており、人口減少地区だけが対象というのもいかがなものかとの意見もありました。


2024.5.14 第294回5月臨時会議・議会全員協議会

 臨時議会は、事故の報告と後藤野工業団地の区画の売却、新しい教育長の人事で、全て可決されました。

 全員協議会では、3件の協議と3件の報告がありましたが、協議の最初が大学設置についての案件でした。R4,R5の調査を受けて、大学設置についてもう少し深い議論を進めるとの事で、基本構想の策定と有識者会議による検討、市民の機運醸成などとして6月議会に約750万円の補正予算を計上したいとの説明でした。様々な質問が出されましたが、議会としても議論を進めていく必要があり、今後の対応策を検討しなければなりません。個人的には特別委員会を設置すべきと考えますので、次の代表者会議で提案したいと思います。


2024.5.13 産業環境常任委員会

 各常任委員会が所管する部課の所掌事務と重点施策についての勉強会で、他の委員として傍聴しました。

 産業環境常任委員会には、新たに生活環境部の環境政策課と市民課が所管となりました。ただ、やはり関心があるのは道路の事で、川原町南田線(産業道路)の三車線化の大まかなスケジュールの説明があったので下に図を掲載しておきます。ただし、国の社会資本整備総合交付金を使って整備するので、毎年度、その対象に採択されないと計画通りには進まないとの事でした。特に、能登半島地震の影響でこの交付金は石川県中心に手厚く交付されるようで、他の地区には薄くなりそうとの事でした。


2024.5.10 教育民生常任委員会

 改選後という事もあり、各部課の所掌事務と重点施策についての勉強会で、今回は健康こども部の説明でした。

 その中で、こども基本法に基づく「こども計画」の策定にあたって、外部に委託するという説明があり、委託先の選定をプロポーザル方式(企画競争入札)で行うとの事でしたので、それは公開で行うのかと質問したところ、非公開での実施との答弁でした。後日、改めて公開での実施を要望しましたが、事業者側のノウハウがあるので公開はできないとの答弁でした。

 こども計画については、千葉県成田市はこども達からの意見を募集するなど、全国の自治体で取り組みが始まっていますが、当市においても特色ある計画になるよう、議会としても取り組んでいきたいと思います。


2024.5.9 議会運営委員会・視察対応

 14日に開催予定の第294回5月臨時会議に上程される議案の取り扱いなとについて協議しました。報告2件、議案2件なので、会期は1日とし、議案のうち人事案件は起立採決とし、他は簡易採決となりました。

 視察は、熊本県大津町議会が、議員報酬と定数についてと、議会モニター制度について視察にいらっしゃいました。説明は、議会事務局長が行い、答弁は、議会改革推進会議の委員長として出席した私と、広聴委員長、並びに議会事務局長が行いました。あまり突っ込んだ質問がなかったので、改選後、初の視察対応は無事に終了しました。


2024.5.8 会派勉強会

 北上まほろばクラブでは、新人議員が3名も居るので、一般質問について勉強会を開催しました。他会派にも呼びかけたところ、4名の参加がありました。

 勉強会で使用したパワーポイントは下からダウンロードできます。

ダウンロード
会派研修_一般質問について(20240508).pdf
PDFファイル 1.3 MB

2024.5.7 各派代表者会議・教育民生常任委員会

 各派代表者会議では、新しい教育長の人事の説明がありました。また、政治倫理条例の制定については、各会派に持ち帰って協議する事としました。

 教育民生常任委員会は、福祉部と教育部の各部課長から所管する事業について説明を受けました。


2024.5.2 北上地区広域行政組合議会

 し尿処理場としみず斎園を管理する「北上地区広域行政組合」の臨時議会が開催され、私が議長に選任されました。

 その後、10ケ年の整備維持整備計画の説明があり、市乳処理施設としみず斎園の施設見学にも参加しました。