平成30年6月の活動報告


2018.6.14 第234回6月通常会議・他

 初日は、第三セクターなどの報告や、条例や補正予算の提案説明が主でした。除雪ドーザー、消防団の車両、産業支援センターへの3Dプリンターの購入はそれぞれ全会一致で可決されました。

 議会運営委員会で、議案の内容について質問した議員が本会議で質問するかと思って居たら、質問しませんでした。

 終了後は、議会全員協議会で、先日の保護責任遺棄致死事件について、内部調査と県が設置する調査会による外部調査を行うとの説明がありました。保護者の事も含めて、行政側の対応などについても詳しい調査と防止策が望まれます。

 


2018.6.12 市政調査会研修会

 市政調査会と議会改革推進会議の合同研修会で、更には議員報酬等検討特別委員会からの内容も含まれた、盛沢山の研修会でした。講師に山梨学院大学の江藤俊昭教授をお迎えし「議選監査委員制度をめぐる論点-自治法の一部改正を議会力アップに活用」というタイトルで講演を頂き、更に事前に2項目の質問を提案しており、の解説もありました。

 議選監査委員制度については、単に廃止するより活用していく方が良いかなという気になりましたが、実際にはどの場面でどう活用するかという具体論になると少しハードルが高い気もしました。

 事前の質問は、「総合計画の策定に議会はどのように関わるべきか」と「議員報酬・定数の検討を市民に説明する際に重要なのはどのような点か」という項目でしたが、前者については、先進事例も沢山あるのでぜひ関わっていった方が良いとの事でしたし、後者については、政務活動費についても聞かれますよ、というお話でした。また、議員報酬について市民にアンケートを取る場合、議員活動を良く分からないままだと下げた方が良いという結果になるので、議会の説明などを行った後に、あなたなら幾らの法主なら議員をやれるか、という質問にすれば良いというお話はとても参考になりました。


2018.6.11 議会運営委員会・他

 木曜日から始まる「第234回6月通常会議」の開催期間や案件の取り扱いなどについて協議しました。ちょっと気になったのは、議会運営委員会はあくまでも、議案の取り扱いについて協議するものであり、議案の内容について質疑したりする場ではありませんが、ベテラン議員からも内容に関しての質問が出た事です。まあ、本会議初日に質問して下さいと伝えましたけど。

 夕方から、教育民生常任委員会を開催しました。前回、選定した政策評価に係る事業だけを一覧にして確認した事と、やはり秋に予定している視察について、そして6月通常会議中の委員会の進め方と日程・時間割について協議しました。

 委員会終了後は、初めてとなる北上歯科医師会との懇談会に委員全員で参加しました。こちらは、歯科医師会から5つのテーマで説明があり、質疑の時間まではありませんでしたが、知らない事が多く、勉強になりました。歯科医師会としては毎年開催したいとの事でした。


2018.6.6 議会全員協議会

 急きょ、開催されました。案件は、前日に記者発表した「保護責任者遺棄致死事件」の経過などについての説明でした。とても残念な事件であり、原因の分析と再発防止が今後の課題です。


2018.6.4 会派例会

 北上まほろばクラブの例会です。一般質問の具体的な内容について、それぞれ説明し意見を出し合いました。今回も会派全員が質問する予定です。


2018.6.1 議会全員協議会・他

 議長招集の全員協議会です。14日から6月通常会議が始まりますので、上程される議案の説明が中心でした。

 午後からは、市政調査会の研修会として、今年度の市重要課題の説明を担当部長から受けました。今年の重要課題は、ちょっと首をかしげるものも何点かあり、大事な課題だけど「重要課題」に入れる程ではないとも感じました。

 その後、議長招集の全員協議会では、市民と議会をつなぐ会の開催時期や開催方法、内容などについて説明がありました。今年は、16地区の交流センターで、昨年度に議会から提言した政策案についてと、議員報酬・定数についての2つのテーマで臨むとの事でした。